.



メニューを閉じる



メニューを閉じる

構造カルテ-5つのチェック項目-

その1. 壁量チェック

充分な量の耐力壁が入っているかどうかをチェックします

地震や風圧の抵抗力のポイントとなるのが、耐力壁の量です。
積雪の重さや風圧になる力まで考慮して、必要な壁量が配置されているかをチェックします。

チェック方法

1. 設計図面上に配置されている耐力壁の量を、X方向とY方向についてコンピューターで算出します
2. 耐力壁の総量を算出して、建築基準法と比較し、充分な量を確保している場合、合格とします

ベターホームでは建築基準法を大幅に上回る量の耐力壁を配置しています。

その2. 偏心率チェック

耐力壁の配置バランスをチェックします

壁量が多くても、配置が偏っていては充分な効果は期待できません。
そのため、耐力壁がバランスよく配置されているかチェックします。

チェック方法

1. 建物の重心と剛心の地を計算し、偏心距離を算出します
2. 偏心距離を元に偏心率をチェックします

ベターホームでは偏心率0.2以下を推奨しています。

その3. 梁せいチェック

折れたり、大きくたわまない梁が配置されているかをチェックします

住まいの自重や地震・台風・積雪などによって、梁には大きな力が加わります。
そのために、必要な梁せいをもつ梁が配置されているかをチェックします

チェック方法

1. 必要な梁せいを、2つの観点からコンピューターで算出
2. 梁せいを一本一本確認し、コンピュータで算出した必要梁せい以上かどうかチェック

ベターホームでは構造計算で求められた梁せい以上の梁を配置しています。

その4. 柱の座屈、土台・梁へのめり込みチェック

十分な強さ(太さ)を持った柱・土台・梁が配置されているかをチェックします!

梁と同様に柱にも力が加わります。力を受けた時に柱が折れないよう、また土台・梁に
めり込んだりしないよう、必要な強さを持った柱や土台・梁が配置されているかチェックします。

チェック方法

1. 柱にかかる力の大きさを算出
2. 柱や土台・梁が充分な太さを確保しているかチェック

ベターホームでは座屈しない太さの柱、また柱がめり込まないために必要な強度を持った土台・梁を配置しています。

その5. 柱の引抜きチェック

柱と土台、梁が充分な強度の接合金物で緊結されているかをチェックします

地震や台風による水平力を受けた場合、土台・梁から柱を引き抜こうとする力が発生します。
配置されているかをチェックします。

チェック方法

1. 接合金物の必要耐力伏図により、柱の接合部にかかる引き抜き力の大きさを算出
2. 引き抜き力に対して、接合金物が充分な強度を持ってるかをチェックします

ベターホームでは柱に発生する引き抜き力に対し、余裕の強さを持つ接合金物を配置しています。


家に関することなんでも気軽に!
0748-60-2413

365日お問い合わせ受付中
メールで相談

Copyright ベターホーム All Rights Reserved.